記事

若手離職を防ぐキャリア支援のポイント

はじめに

せっかく手間をかけて人材を雇用しても、すぐに辞められてしまうと業務に必要な人材が育たず、人手不足に悩んでしまうことになるでしょう。

その問題を解消するためには、いかにして若手人材の離職を防ぐことができるか、そのポイントになるのは「キャリア支援」なのです。

そこで、若手の離職を防ぐためのキャリア支援のポイントについて解説します。

若手従業員の離職要因と課題

まずは、なぜ若手社員が早くに辞めてしまうのか、その要因と解決するべき課題について解説します。

若手離職の背後にある動機と要因

若手社員が早期に離職してしまう要因はさまざまなものが考えられますが、その中で問題になりやすいのが「将来への不安」です。

人によって出世欲などの要因は異なりますが、将来へのビジョンが不明瞭なまま働くことは、大きなストレスになります。

将来への不安を抱えたまま働くことに耐えられなくなってしまった若手社員は、離職リスクを高めることになるのです。

キャリア不安とスキル不足への対応策

若手社員の将来への不安は、より具体的に説明すると「キャリアへの不安」と「スキル不足による不安」が織り交ざって構成されています。

将来どういったキャリアを積むことになるのかわからない、現状のスキルでは出世が難しいかもしれないといった不安は、若手社員の離職リスクを高めるのです。

そのため、若手社員の離職リスクを抑えるためには、若手社員が持つキャリア不安とスキル不足を、会社側が積極的にアプローチして解消してあげることが重要になります。

キャリア支援プログラムの構築

若手社員が持つ不安を解消することが、離職リスクの低下につながることは明確です。

では、具体的にどういった方法が必要になるのでしょうか。

キャリアパスの可視化と透明性の重要性

若手社員に対しては、可能な範囲でキャリアパスを可視化し、その透明性を確保することが重要です。

漠然としたビジョンでは、若手社員は将来への不安を拭い切ることはできません。

将来的にどういったキャリアを積むことができるのかを明確にすることができれば、若手社員は将来へのビジョンを明確にすることができ、不安を解消することができます。

メンターシップとスキルトレーニングの統合アプローチ

若手社員のキャリア支援に関しては、「メンターシップ」と「スキルトレーニング」を統合したアプローチが有効です。

先輩社員からのアドバイスを適切に受けて、同時にキャリア支援になるスキル習得を会社がサポートすることにより、若手社員は積極的にキャリアパスに向けた成長をしようと自覚してくれるでしょう。

若手従業員の成長促進施策

キャリアパスやスキル習得も重要ですが、若手社員の離職率低下のためには基本的な能力の向上やモチベーションの維持も欠かせません。

プロジェクトチームへの参加と経験の多様化

これらの課題を解決するために役立つのが「プロジェクトチーム」の枠組みです。

プロジェクトチームでは経験豊富な先輩社員とチームを組んで同じ目標に向けて努力するというスタイルである以上、若手社員は先輩社員からさまざまなことを学ぶことができます。

ときには別部署の社員ともチームを組むことでさまざまな経験を積むことができれば、キャリアパスにも役立つでしょう。

フィードバック文化の構築と成果の認識

また、フィードバックする社内文化を構築することも、若手社員の離職率低下に貢献します。

さまざまなアプローチを一方的に提供するのではなく、そこから得られた成果を認識し、それを分析して次回以降のアプローチにフィードバックすることによって、より効果的なアプローチができるようになります。

若手離職を予防するためのキャリア支援アプローチ

最後に、若手社員の離職を防ぐための、キャリア支援のアプローチについて解説します。

若手向けエンゲージメントイベントの開催と社交性の向上

社員の離職率を低下させるための施策としては「エンゲージメントサーベイ」という手法があります。

これは、社員が企業や組織に対してどれだけ帰属意識を持っているかを調べ、その意識を向上させることで利益をもたらすという手法です。

若手社員を中心に参加者を集めてイベントを開催することで、若手社員のエンゲージメントを向上させることが可能になります。

また、イベントの内容によっては若手社員の社交性が向上するケースもあり、社員同士のコミュニケーションが活発になることで離職率の低下に貢献します。

キャリアパスの柔軟性と個別の成長計画の策定

キャリアパスにおいては、できるだけ柔軟性を確保することも重要です。

凝り固まったキャリアパスでは社員によっては相性が良くないケースもありますので、個別の事情を勘案したキャリアパスを用意するだけでなく、その成長計画においても個別性を確保することが離職率の低下につながります。

まとめ

若手社員の離職を防ぐことは、人材の確保という企業活動における基本をしっかりと守ることにつながります。

若手社員がキャリアの不安から離職という選択をしなくて済むように、積極的にキャリア支援を行いましょう。

この記事は役に立ちましたか?

参考になりましたら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録